ルンバの選び方
ルンバの選び方
正規品以外のもの
迎えるための準備
ルンバ630レビュー
ルンバ動画
よかったら投票にご協力ください

アンケートは終了しました

ルンバの選び方や価格の違いと注意点

ルンバの日本の公式サイト外部リンク表示には、現在 7機種(780、770、760、630、620、537J、527J)が掲載されているのですが、 検索からこのページに来られた方の中には、調べているうちにたくさんの型番が出てきて何を買ったらいいか分からないって人もいると思います。
管理人がはじめて買ったルンバ537が発売されたとき(4年くらい前)はそんなに数もなかったので詳しく調べたりもしなかったのですが、 今は昔の機種プラス現行のもの、さらに並行輸入品(さらに約10機種)が内容を複雑にしています。ここでは日本正規品の現行機種を中心に選び方から注意点までを書いていきます。

機種別の大きな違い

ルンバの売れ筋については、大型家電量販店で働いてる友人の話では、780、770、620ということです。まずここの違いですが、

・ルンバ780(日本正規品最上位機種・お部屋ナビ・タッチパネル)
・ルンバ770(お部屋ナビは無いが基本性能は780と同じ最高ランク)
・ルンバ620(一般に買えるルンバでは最安値。5万円を切る価格)

といったところです。基本性能(センサーやフィルターなど)は当然700シリーズが上です。あと機能の違いでは、700シリーズはスケジュール機能が付いていますが600シリーズには付いていません。
なので家電量販店で買ってる人は、
とにかく最新のものがいい・最高性能がいい →「880外部リンク表示
全ての機能が欲しい・とりあえず最上位がいい →「780外部リンク表示
お部屋ナビやタッチパネルはいらないけど性能は欲しい →「770外部リンク表示
スケジュール機能もいらないのでとにかく安い方がいい →「621外部リンク表示
スケジュール機能もいらないのでとにかく安い方がいい →「620外部リンク表示

を購入しているようです。

ルンバの新仕様のひとつエアロバキュ
500シリーズ(537J、527J)に関しては2012年2月に発売されたのですが、その後秋に600シリーズが発売され700シリーズと同じメインブラシが採用されていて価格も500シリーズより安いか同等ということで売れないため大型家電量販店ではほとんど販売していません。

その他の700シリーズ「760」は、新型のセンサーも付いておらずボタン類も従来機種と同じということで、現行のものの中ではスケジュール機能の付いた廉価版といった位置付けなのでやや中途半端感があります。

その他の600シリーズ「630」は、性能・機能ともに620と同じですが、バーチャルウォールがひとつ多い2個付いてるのと交換用フィルターが付属しています。5千円の価格差だとお得といえばお得です。
家電量販店でのルンバの陳列

最終的には、選ぶ上で一番大きな特徴がスケジュール機能になるので、ここを先に決めてからその他を選んでいくと選択肢が減ってスムーズに決めていけると思います。

並行輸入品のルンバ

並行輸入品には、日本正規品と同じ型番(付属品が違う場合もあるので注意内部リンク表示)のものも含めて約10機種程度が流通しています。
中でも560、595、660、790などは日本未発売ですので調べてみるのも面白いです。特に最上位機種の「790」は並行輸入品でしか買えないので検討してみるのも良いかと思います。日本では最上位機種の「800」シリーズが発売になりました。
並行輸入品のルンバ790

選び方の注意点

日本正規品の中から選ばれる方は、ほとんど問題もないかと思いますが、並行輸入品を検討してる方は販売ページの内容をしっかり読まれることをお勧めします。 また業者によってはPSEマークなどの届出をしていない違法業者もいますので必ず特定商取引法に基づく表記のページなどをしっかり読むようにしましょう。

機能面でも別のページで詳しく説明しますが、「お部屋ナビ」を使う機種を購入しようかと検討してる方は他の無線機器と電波干渉する可能性がありますので自宅の環境を再確認して検討することをお勧めします。 しかしこれに関しては、いくつか対応策内部リンク表示があります。また対応策にも書きましたが、日本正規品ですとサポートの対応(770に変更等)を受けることもできますのでそちらもご覧ください。
780に付属するお部屋ナビ

アマゾンの最新情報を検索できます


ルンバナビ公式ツイッターもよろしくお願いします


フェイスブックページもよろしくお願いします